走るのがめっちゃ楽しくなる! 感動する反発感と履き心地 asics NOVABLAST【評価・レビュー】

スポンサーリンク

みなさんこんにちは
ランニングシューズマイスターのユウヤです(@shoesmeister

今回のオススメシューズは

asics NOVABLAST(ノヴァブラスト)

心地よい反発感を生み出すミッドソールと軽くて優しいフィット性のアッパーが、気持ちの良い快適なランニングに導いてくれる。
走るのが楽しくなるランニングシューズというのはこういうものなのではないでしょうか。

このシューズの機能を、理学療法士としての運動学的視点、ランニングシューズアドバイザーとしての靴の構造的視点、陸上競技選手としての競技視点の3つの視点から解説していきたいと思います。

ヒントはトランポリン? 驚くほど弾む特徴的なミッドソール

NOVABLASTの最大の特徴はなんと言ってもミッドソールなのではないでしょうか?!
今までのシューズにはない形状のミッドソール。真ん中が大きく凹んでいますね。
これが接地時に沈み込んでから急激に跳ね返り驚くような反発を生み出します。

沈んでから急に跳ね返る・・・確かにトランポリンのようだ!

最近は練習でもトランポリンを取り入れるチームも多く、私も先月取り入れたばかり。トランポリンの様に弾む感覚というのもわかる気がします。
更にFLYTE FORM Blastと呼ばれるアシックスで最も軽量で反発性の高い素材を新たに取り入れることでフワッと弾むような乗り心地を実現しています。
この手のミッドソールは腓骨筋やハムストリングス、多裂筋など下肢の筋力が機能していないと足部そのものの張力、剛性が不十分で潰れてしまいやすいです。(adidasのBOOSTはそんな感じ)
しかし、NOVABLASTのミッドソールはある程度の硬さがあるので、ベチャッと潰れるような感覚はありません。
ポンポン前に進んでいく感じです。

通気性の良いメッシュアッパーが気持ち良い

見た目的には結構ゴツい感じで重そうですが、「モノフィラメントメッシュ」のアッパーがとても軽く、手に持ったときには意外にも「軽っ!」と感じます。
更にアッパーのフィット感が優しく足趾の自由度も高いです。その分履き口やヒールカウンターが少し細めに作られているため、しっかり踵をはめて履くことで安定した接地が可能な上、実際の重量よりも軽く感じます。
通気性は非常に高いので蒸れる心配をせずに長くゆっくりランニングができます。

個人的に細いシューレース(靴紐)の方がフィッティングしやすく、フィット性を上げやすいので気に入っています。
細めのシューレースはターサージール、ヒートレーサーと同様結んだときの固定感が強いので、足との一体感が増します。(これは好みがあるので、結んだときの感触を確かめてみてくださいね)

自然と前に進める不思議な感覚 絶妙な高さのドロップ

ミッドソールの材料だけでなく、ドロップもこのシューズの一つの売りです。
ドロップとは、シューズの踵とつま先のミッドソールの厚みの差のこと(オフセットと呼ばれる場合もある)
このドロップが絶妙な重心移動のサポートをしてくれます。
FLYTE FORM Blastの特徴である反発性と合わさって気持ちよく自然と足を前へ押し出すような感覚が生まれます。
まだ走りなれていない初心者ランナーや、あまり力を入れずに走りたい人にとって省エネでスムーズな走りをサポートしてくれるでしょう。

ソールの屈曲性やグリップ性は?

最近は自然とソールの屈曲性やグリップ性を気にする人が増えてきています。
シューズ選びのレベルが上っていることはとても喜ばしいことです。
屈曲性はセーフティタイプなだけあり中足部から前足部にかけての屈曲性が高く、体幹や下肢後面(ハムストリングスなど)の筋力が不十分でも蹴り出しの際にブレることが少ないです。

屈曲性についてはこちらの記事を参照ください

ランニングシューズの選び方 硬さ(屈曲性)と安定性(反発性)で分けてみた

2019.04.02

グリップ性はロードやトラックなどでは十分ではありますが、不整地ではやや引っかかりは弱いので、クロカンなどには不向きかもしれないです。
ゆっくりロードを走るには十分ですね。

こんな人にオススメ

・ランニングを始めたばかりの人(走るための筋力や運動感覚がしっかりついていない人)

・重心移動が上手くいかず筋肉に負担がかかっている人

・楽しく走りたい人

・LSDなどで使える負担の少ないシューズを探している人

短距離選手にとっても、フォアフット接地ではドロップはあまり意味がないとは言われますが、アップで前足部での蹴り出しの感覚が良くなりますし、弾力性により足にかかる衝撃が強くなるほどこのトランポリン機構により反発力が増すので、プライオメトリクスにもオススメかもしれません。
しかしスピード練習に関しては、反発性はありますがスピードトレーニングに使える硬さではなかったため、できても流しまでかなと・・・
あと坂ダッシュには向かないですね・・・

多くの陸上競技選手、ランナーがランニングシューズに求める要素がクッション性反発性軽量性耐久性
しかしこれらはどうしても相反する部分があったので何かしら犠牲にしていたところですが、NIKEのリアクトシリーズをはじめ、クッション性がありながらも反発性のある素材が最近は増えてきましたね。
リアクトシリーズはソフトな接地感でNOVABLASTはほんの少し硬い印象ですが、これは履いた人の感覚の違いがあると思うので、履き比べてみても良いかもしれないですね。

このシューズが良いなと思ったら

是非お近くのショップに試し履きに行って下さい!

足の大きさや長さ、感覚などは十人十色
実際に履いてみないとわからないことがたくさんあります
「これが良いと言われた」「これ良さそうだなぁ」と思って試し履きしないで買って履いてみたら全然思っていたよりも違ったなんてことは結構多いです。
返品すれば問題ないこともありますが、そんな面倒なことするなら、是非一瞬でもショップに行って自分で履いた感覚を確かめてくださいね。
商品リンクは貼りましたが、あくまで金額や詳細などの参考までに
もし自分に合ったシューズがわからないという方はお問い合わせください
あなたの動作、足部、競技に合わせたシューズのフィッティングや選択をお手伝いします

最後までお読みいただきありがとうございます

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

石田 佑也

理学療法士、トレーナー、インソール/ランニングシューズマイスター 自身の陸上競技経験とランニングシューズオタクの知識、理学療法士としての医学的知識を活かして、出張でのオーダーメイドインソールの作成やランニングシューズの選び方、履き方について指導。年間200足以上のインソール作成やセミナー講師など大きく活動の幅を拡大中。