走るのがめっちゃ楽しくなる! 最高の短距離スパイク MIZUNO クロノインクス

スポンサーリンク

みなさんこんにちは
ランニングシューズマイスターのユウヤです(@shoesmeister

ランニングシューズについての記事を中心に書いていますが最近は、“スパイクについては書いてくれないんですか?”というお声をいただくようになったので、そろそろスパイクについても書いていこうと思います。
実際書きたくてしょうがなかった 笑

その1足目として相応しいのではないでしょうか!

MIZUNO クロノインクス

陸上競技選手なら専門でなくてもこのシューズの名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
2000年代から出てもう19年、プレートなどの進化もしつつ、多くの陸上競技選手の好記録を支えた傑作品の1つです
現在はクロノインクス9が最新です
世界陸上パリ大会男子200mにて末續慎吾さんはこのクロノインクスを履いて銅メダルを獲得しましたね

当時のクロノインクス(懐かしい)

私も高校の時から今もずっとクロノインクスを履いています。
スパイクはクロノインクス以外買う気がなかったので、ショップで他のスパイクに目もくれずに選んだのを今でも覚えています。
(当時自分のフィジカルレベルに合っていたかといえば全く合っていなかった・・・)
コレ履いちゃうと他のシューズに替えるのは難しいです。
インクス愛を語るだけになってしまうのでしっかりレビューしますね 笑

必要最低限の補強で、しっかりとサポート! 最高のスケルトンアッパー

クロノインクスといえばこの特徴的なアッパー
スケルトンアッパーと呼ばれるこのアッパーは軽量性とフィット性が抜群
トップモデルになるとより軽量性を求めるため補強材は少なくなり、それに伴いサポート性に難がありますが、このスケルトンアッパーではダイニーマテープと呼ばれる素材が使われ高いフィット性と後足部のサポートを実現させます。
ダイニーマフィッティングベルトにより後足部のダイニーマテープが引かれて後足部をしっかりスパイクと密着させます。
このフィット性は人それぞれかもしれませんが他のスパイクではなかなか出せないものではないでしょうか
STEPで売られているオリジナルのインクススプリントインクススナイパーなどもスケルトンアッパーが採用されており、今年発売されたフラッグシップモデルのクロノオニキスもスケルトンアッパーになりました。
それだけこのアッパーの需要が高いと言えるでしょう
私自身もこのフィット性が購入の大きな決め手の一つとなっています。

進化するプレート 現在のものが最高傑作?

お馴染みの固定ピンの一枚プレートで硬いナイロン素材でできており、反発性が非常に高いです。
(トップスプリンターのオーダーメイドタイプやクロノオニキスにはカーボンプレートが入っているため更に硬い)
また、接地時に生じる捻れに対する反力が強くスムーズかつ強い推進力を得られます。
これはランニングシューズと同じで硬いことで反発性が高くスピードは出しやすいがそれをコントロールするだけの筋力が必要です。
増して短距離ですから掛かる負荷は更に強いので、しっかりトレーニングした選手でないとスムーズに推進できない上怪我をする可能性があります。

かれこれ4世代目になるでしょうか
当初のプレートとは随分変わってきました
(ちなみに私は肉球タイプのものから使い始めました)
その後に出たタイプは抜けやすい感覚があって不人気でしたが、現在のタイプは非常にハマりが良いです。
現在のクロノインクス9のプレートがメーカーやショップ店員からも最高傑作と言われているそうです。

ピン配置はつま先のラインと拇指球、小指球までのラインは大きく変えずしっかり前足部で接地した時に刺さりスムーズに前方に転がるようにできています。
階段を駆け上るような前足部にしっかり接地していくタイプの人には使いやすい配置だと思います。
(階段を駆け下りるようなフラットに近い接地をするタイプはインクススプリントの方が使いやすいですね)

覆うようにフィットするアッパーをがっちりホールドしてくれるシューレース

このシューレース、単独で売ってくれないかなと思うほど軽くて強固なシューレース
クロノシリーズなどのスパイクにのみ採用されていたものですが、最近はウエーブエンペラージャパンなどランニングシューズにも採用されるようになってますね。
結んだときの硬さやホールド感が良く、細いと滑りやすいなんて言われるけどこれは全くないです。
インクスはシューレースを入れる穴がなく、バンド構造にすることでシューレースを引っ張った時に内側外側から包み込むようにホールドしてくれます。

こんな人にオススメ!

  • 100m10秒台〜11秒台前半のスプリンター
  • 前足部でしっかり蹴りたいフォアフット接地のパワー型のスプリンター
    →いわゆる階段駆け上りタイプ
  • 軽さとフィット性重視のスプリントスパイクを求めている

スプリンターなら誰でも一度は履いてみたいと思える憧れのスパイクです
これを履いて活躍するにはしっかりトレーニングも必要ですね
しっかりトレーニングを積んでこれを履いた時、面白いくらい身体を進む感覚を味わえることでしょう!

このスパイクが良いなと思ったら

是非お近くのスポーツショップに試し履きに行って下さい!

足の大きさや長さ、感覚などは十人十色
実際に履いてみないとわからないことがたくさんあります
「これが良いと言われた」「これ良さそうだなぁ」と思って試し履きしないで買って履いてみたら全然思っていたよりも違ったなんてことは結構多いです。
返品すれば問題ないこともありますが、そんな面倒なことするなら、是非一瞬でもショップに行って自分で履いた感覚を確かめてくださいね。
商品リンクは貼りましたが、あくまで金額や詳細などの参考までに
もし自分に合ったシューズやスパイクがわからないという方はお問い合わせください
あなたの動作、足部、競技に合わせたシューズのフィッティングや選択をお手伝いします

最後までお読みいただきありがとうございます
この記事が良かったなと思った方は是非シェアしていただけたら嬉しいです

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

石田 佑也

理学療法士、トレーナー、インソール/ランニングシューズマイスター 自身の陸上競技経験とランニングシューズオタクの知識、理学療法士としての医学的知識を活かして、出張でのオーダーメイドインソールの作成やランニングシューズの選び方、履き方について指導。年間200足以上のインソール作成やセミナー講師など大きく活動の幅を拡大中。