電光で計ると意外とタイム出ないぜ 〜TRAC杯 50m走測定会〜


スポンサーリンク

皆さんこんにちは
関西インカレで多田修平くんが100mで55年ぶりの4連覇を飾りましたね!
向かい風で10秒30とタイムは平凡な感じになったみたいですが、いやぁマジですごい
ゴールデングランプリが楽しみでしょうがない陸上オタクの石田です

さて、先日投稿させていただいたOTTに続き、陸上好きには楽しいイベントが行われました
関連記事:これが陸上の魅力だ! オトナのタイムトライアル

TRAC杯 50m走測定会

皆さん自分の50mのタイムって覚えてますか?
多分学校の体育の授業でスポーツテストやってれば計っているはず!
私も10年ぶりの50m走でした(これで年齢が大体バレる・・・)

誰しもが経験したことのある50m走、おそらく多くの人はストップウォッチで計っているので、計り方や人によって誤差が生じますよね
そこで陸上競技ではお馴染み光電管を使った電光計測で計ることで、ストップウォッチで計るより遥かに正確なタイムが出ます
陸上部でもなかなか50mを電光計測で計ることはないので、自分の今のリアルなタイムがわかりますよ
計ってみれば分かりますが、6秒前半で走るのがどれだけ難しいことか・・・

思ったよりもタイムが全然伸びないです(私だけかもしれないが・・・)

いませんでした?
「俺50m走5秒台だぜ!」
って言ってた野球部やサッカー部
今思えばこれがどれだけ凄いこと言っているのか・・・笑

使用された会場は新豊洲Brilliaランニングスタジアム
400mハードル日本記録保持者でエドモントン、ヘルシンキ世界陸上で2度も銅メダルに輝いた為末大さんが館長を務めるランニングスタジアム
何度か来てますが、陸上選手にとってめっちゃ良い環境です
Linkはこちら:新豊洲Brillia running stadium

今回は陸上ユーチューバーのTKD projectさんがツイッターや動画で声掛けしたこともありたくさんの方が参加していました。
Linkはこちら:TKD PROJECT
コンペティションは予選と決勝がありランスタ最速を決定しますが、それ以外にもフリーで何度でもタイムトライアルにチャレンジできるため、スタートブロックの使用、スタンディングスタートなどみんな納得いくまで走りました。(もちろんその場で電光記録が確認できます)
OTTほど大人数ではないですが、キッズから40代までガチで走ります
親子で参加している方もいらっしゃり、ここから陸上が好きになって将来活躍する選手なんかが出てきたら良いですよね!

今回は私も自分の実力を知るために参加させていただきましたが、まさか同じ組に元東洋大学主将で100m10秒55をベストに持つ小笹さん(TKDの先輩)が参加されるとは 汗
スタートがえげつない速さです・・・
でもトップレベルのスピードを隣で感じるなんてなかなかできないことですよね
いつかメダリストとかがゲストで来てくれないかなぁなんて期待しています
レース前にひとりひとり名前をコールしてもらえたり、参加したみんなが拍手などで盛り上げてくれるため、タイムはそんなに良くなかったですが、めっちゃ楽しかったです
これに関してはOTTみたいな感じですよね 1人での参加も全然大丈夫です!

そして陸上部・ランナーあるあるですが

走れば自然と仲良くなれる

閉会式終わりにいた人たちで写真   この感じめっちゃ好き

なかなか50m走なんて計る機会もうないじゃないですか
「100mはちょっとキツいけど、50mならいけるかなぁ」
なんてちょっとでも思った方、陸上部の人、陸上部だった人、陸上好きな人、是非次回開催の際には参加してみてください!
(次回開催はまだ未定みたいなので、TRACのホームページをチェック)
Linkはこちら:TRAC

少しでも陸上競技や走ることがもっと身近になって楽しんでもらえたら良いなと思います
最後までお読みいただきありがとうございました!
この記事が良かったなと思った方は是非SNSなどでシェアして頂けたら嬉しいです


スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

石田 佑也

理学療法士、トレーナー、インソール/ランニングシューズマイスター 自身の陸上競技経験とランニングシューズオタクの知識、理学療法士としての医学的知識を活かして、出張でのオーダーメイドインソールの作成やランニングシューズの選び方、履き方について指導。年間200足以上のインソール作成やセミナー講師など大きく活動の幅を拡大中。