肩こり・腰痛を即効で抑える最強コンディショニングアイテム ストレッチポール

スポンサーリンク

みなさんこんにちは
ランニングシューズマイスターのユウヤです(@shoesmeister

新型コロナウイルスの影響で企業のテレワーク化が進み、これまでより動く機会が減ってしまった方も多いのではないでしょうか?
運動する機会も減ってしまうため、PCやスマホなどを長時間使う作業の日常化はますます進むばかり。
不自然な体勢による筋肉の緊張が癖になれば、肩こりや腰痛にもなりやすいです。

3密を防ぐため、ストレッチやマッサージ店も営業は停止中の昨今。
自分の身体は自分自身でケアするしかありません。

一人でトレーニングはなかなかできない・・・

難しそう・・・

毎日忙しい人なら尚更難しいでしょう。
それなら、乗ってるだけならどうでしょう?
簡単で、効果が高く、再現性がある最強のコンディショニングアイテムといえば、

ストレッチポール

です!

買うのを迷っている人も、ストレッチポールを知らなかった人も、是非最後まで読んでください。
数多くの選手のコンディショニングを行ってきた理学療法士がおすすめする理由をお伝えします。

最強アイテム ストレッチポール

アスリートだけでなく、デスクワーカーにも最適のコンディショニングアイテムであるストレッチポール。
見たことがある人も多いのではないでしょうか?

初めて乗ったときの身体が伸びる気持ちよさは忘れられません。
リラクゼーションからトレーニングまで様々な用途に使えるストレッチポールの汎用性の高さは数あるコンディショニングアイテムの中でも随一です。

身体のケアグッズで何買ったら良いかわからない人は、間違いなくこれを買うべき!

乗るだけでも良いストレッチポール

このストレッチポールが最強のアイテムである理由が

乗るだけで効果がある

ということ。
ストレッチポールにまっすぐ乗るだけで自然と脊柱のアライメントが整い、重力により硬くなりやすい前胸部や大腿前面が伸ばされ緊張が軽減できます。
真っ直ぐ乗ろうと探りながら乗ることで脊柱にあるセンサー(固有受容器)が反応し、同じ姿勢を続けてOFFになっていたセンサーがONになります。
そうすることでまた自分の身体を自由に動かすことができます。
脊柱や肋骨、頭部のアライメントが整えば、呼吸に必要な横隔膜の活動も活性化し、浅く速い呼吸の改善や腹圧の向上が可能です。

そしてこのポールのまた良いところは

再現性が高い

ということ。
エクササイズやトレーニングと違って、無意識にそのポジションにするので、安定的に効果がでます。
乗るだけでバランスを取ろうと橋(前庭)にも刺激が入り大脳皮質が活性化するため、緊張の抑制や交感神経の抑制、覚醒や睡眠のコントロールの活性に繋がります。

もちろん乗った状態でいろいろなエクササイズができます。
多くのトレーナーがエクササイズ動画を出してくれているので、好きなものを参考にしていただければOKかなと思いますが、正しく使うためにまずはこの動画を観ておくと良いでしょう。

ストレッチポールは正規品が一番使いやすい

スポーツショップでも同じようなものはたくさん売られていますが、日本コアコンディショニング協会で推奨されているLPN製ストレッチポールが耐久性、使いやすさともに抜群です。

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001

9,350円(05/25 22:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

ポールの硬さがきつかったり、高さに怖さがあれば、ストレッチポールMXがおすすめです。
女性や高齢者向けとは言われていますが、誰でも使える超万能なポールです。

東京都町田市にあるコワーキング・シェアオフィスBUSO AGORAにはこのストレッチポールMXが3本おいてあり、デスクワークで身体が硬くなった人たちのメンテナンスとして非常に役に立っています。

LPN ストレッチポール(R)MX ネイビー 0006

LPN ストレッチポール(R)MX ネイビー 0006

9,900円(05/25 21:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

パフォーマンスアップも機能改善もまずは身体のリセットから

アスリートのパフォーマンスアップも、デスクワークで肩こり・腰痛になった人の機能改善も、まずは身体の緊張を落としてリセットさせることから始まります。
トップアスリートほどしっかり身体をリセットさせています。
その方がパフォーマンスを上げやすいとわかっているからですね。
トレーニングの効果をより高めていこうと思うなら、リセットするという考え方も知っておくと良いでしょう。

ストレッチポールはそのリセットの方法の一つです。

Exercise is Medicine

皮肉にも、この新型コロナウイルスの影響で自分の身体や健康について見直す機会が増えました。
資本である自分の身体は自分で守るしかないのです。

Exercise is Medicine
という言葉があります。
欧米のスポーツ医科学の世界では常識の言葉なのですが、少しでも運動で身体に刺激を入れることで身体の調子は変わります。

たくさん運動するなんてのは正直難しいでしょう。ですがポールに乗ってちょっと手足動かすだったらどうでしょうか? めっちゃ気持ち良い上に身体に刺激が入りますよ。
これを機にご自身の身体に目を向け、仕事も遊びもスポーツも1分1秒ベストコンディションで臨んでもらえたら嬉しです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

石田 佑也

理学療法士、トレーナー、インソール/ランニングシューズマイスター 自身の陸上競技経験とランニングシューズオタクの知識、理学療法士としての医学的知識を活かして、出張でのオーダーメイドインソールの作成やランニングシューズの選び方、履き方について指導。年間200足以上のインソール作成やセミナー講師など大きく活動の幅を拡大中。