【ランニングシューズ相談】どのランニングシューズを選べば良いかわからない

スポンサーリンク

みなさんこんにちは
ランニングシューズマイスターのユウヤです(@shoesmeister

このメディアでは全国のランナー、陸上競技選手からランニングシューズについての相談を受け付けています。
昨年から相談がめちゃくちゃ増えてきているのが本当にありがたいです。
お問い合わせでいただいたランニングシューズについてのご相談は少しでも多くのランナーや陸上競技選手の力になれればと思いシェアしたいと思います。

どのランニングシューズを選べば良いかわからない

大学1年で400mをしています。ベストは51.16です。
2019年に肉離れを2回しています。シンスプリントにもなっています。
足幅は広めです。
先日、アシックスのゲルカヤノを履いているとスプリンターがそんな厚底履いてんなと怒られました。
私はシンスプリントもあり、ケガも多かったので中学・高校の時にクッション性のある靴を履いた方がいいと言われていましたと言うとそんなの関係ないと返されました。なので、今悩んでます。

石田佑也

ご相談ありがとうございます。

もちろん練習内容によって向いているシューズはありますが、目的があれば問題ないです。
とはいえその言葉を無視すると関係性が悪くなるでしょうからどうにかしないとですね。
ジョグであればゲルカヤノでも問題ないと思います。
ただ、短距離としての接地タイミングがクッション性の高いシューズと相性が良いかというと難しいです。逆に薄底だから足に負担がかかってダメというわけでもないです。
ドリルや流しなどの動きに関しては、屈曲性が高くかつスピードも出せるシューズが良いですね。(シューズの屈曲性が高いというところが重要です)

アシックス ヒートレーサー
ミズノ ウエーブエアロ(できれば最新の18よりも17)
ニューバランス HANZO V2 C
アディダス アディゼロRC2
ナイキ オデッセイリアクト2フライニット

このあたりならソールの屈曲性も高く体幹や下肢の筋力が不十分でもグラつきにくいので、シンスプリントや肉離れになり得る負荷は抑えられます。
チェックしてみてください。

屈曲性が高いシューズを選ぼう

今回列挙させてもらったシューズはソールの屈曲性が比較的高いものです。
屈曲性が高いと何が良いのかというと、

足部の剛性が低くてもブレない。
下肢、体幹の筋力が弱くてもブレにくくなるので、腸脛靭帯炎や肉離れなどを抑えることができる。
特に腓骨筋、大腿二頭筋、多裂筋のですが、これらが弱いと足部の剛性を保てないので屈曲してしまいます。
しかしシューズの屈曲性が低いと足部の屈曲ができないので横に逃げようとしてブレてしまいます。
そのため余計な筋へのストレスがかかるのです。

クッション性が良いだけで選ぶのではなく、屈曲性も考えてあげると選択肢が増えます。
これについては別に記事にしっかり書いてあるので、参考にしてみてください。

ランニングシューズの選び方 硬さ(屈曲性)と安定性(反発性)で分けてみた

2019.04.02

今回オススメしたシューズがこちら

アシックス ヒートレーサー

ミズノ ウエーブエアロ(できれば最新の18よりも17)

ニューバランス HANZO V2 C

アディダス アディゼロRC2

ナイキ オデッセイリアクト2フライニット

もちろん絶対的な正解というのはありませんが、出来る限りシューズ選びの参考にしていただければと思い回答させていただきました。
ランニングシューズを選ぶ際にどのようなポイントに注目するべきなのか、自分のフィジカルにあったシューズはどれなのか、シューズ選びに迷っている方は是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。

全然なくてもある程度並べる程度の回答はできますが、できるだけ想像だけで回答はできないので、上記のような情報があると少しでもいいアドバイスが出来ると思います。
細かくみてほしい方はZOOMやSkypeでの個人コンサルも可能です(有料)

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

石田 佑也

理学療法士、トレーナー、インソール/ランニングシューズマイスター 自身の陸上競技経験とランニングシューズオタクの知識、理学療法士としての医学的知識を活かして、出張でのオーダーメイドインソールの作成やランニングシューズの選び方、履き方について指導。年間200足以上のインソール作成やセミナー講師など大きく活動の幅を拡大中。