インソールってどんなものなの??

インソール(中敷き)は、シューズと同様自身の足に合わせて入れることで、高いフィット感と安定性が生まれ、 歩行やランニング時のパフォーマンス向上、疲労やケガの予防に役立つアイテムです。
衝撃を抑えるクッション性重視のもの、通気性が高く蒸れにくいもの、土踏まず(アーチ)を支えてくれるものなど目的は様々、百均で売られているものからスポーツショップで売られているものやプロによるオーダーメイドで作成するものなど世の中には数多くのインソールが存在します。
シューズを購入するときに「インソールは入れたほうが良いよ」なんて言われるものの、実際どんな効果があるのか正直わかりにくいですよね・・・
ここではシューズにインソールを入れることでどのような効果があるのかを紹介します。

足部は唯一地面と接している(足底への感覚刺激)

当たり前ことではありますが、足部は歩行やランニング、立っているときに唯一地面に接している部位です。
7つの足根骨、5つの中足骨、14の指骨の計26個(両足で52個)とたくさんの骨があり、それらはすべて関節をつくっていて柔軟な可動性をもっています。だからこそ様々な環境に対応出来るのが足関節の大きな利点でもあります。
我々が凸凹した道を平然と歩けるのはその凸凹に足部の関節が柔軟に対応して身体をコントロールしているからです。(ASIMOくんのようなロボットが平地歩行はできても凸凹したところでは転んでしまうのは足部の関節が少ないからです。なのでガンダムはちょっとおかしい!笑)

そして関節が柔軟に対応するには、地面からの刺激を感じ取るセンサーが必要ですよね!
足底にはそのセンサーが豊富にあります(これをメカノレセプターといいます)
靴の中や靴下の中にほんの小さなゴミ屑みたいなのが入ってても皆さん気付きますよね?
しかもそれだけでなんとなく歩き方変わりますよね?
足底の感覚は本当に鋭くちょっとした刺激で足より上の部位に影響を与えます。
正しい接地ができれば地面から伝わる力を活用してスムーズに歩いたり走ったりすることができます。
しかし、姿勢不良やアーチの低下などのアライメント不良により正しい刺激が足底に入らないことで地面からの力を適切に認知、処理することができず身体が緊張してしまいます。

インソールに微妙な(ほんの数ミリ)凹凸を作ることにより、正しい刺激を加えることで地面からの力を適切に認知し、より良い歩き方や走り方や姿勢を身につけるさせることができます。
トレーニングでももちろん作ることはできますが、どうしてもそれは意識下で行うことなので、無意識下になると機能しないことがあります(人間なんて10歩歩けば意識してたことなんて忘れちゃいます)
インソールはシューズに入れるだけで正しい刺激を与え続けられるので、無意識に正しい動きを促すことができます。それによって身体は神経の可塑性が起こりより良い動きの癖が構築されていきます。

インソールを入れようか迷っている方
正しい身体の動きを作ることは、パフォーマンス向上、痛みの改善、怪我の予防において非常に大事です。その手助けの一つとしてご自身に合ったインソールを入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yuya Ishida

理学療法士、トレーナー、インソール/ランニングシューズマイスター 自身の陸上競技経験とランニングシューズオタクの知識、理学療法士としての医学的知識を活かして、出張でのオーダーメイドインソールの作成やランニングシューズの選び方、履き方について指導。年間200足以上のインソール作成やセミナー講師など大きく活動の幅を拡大中。