オンラインフィットネスジムの可能性 自宅でも身体づくりはできる!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは
ランニングシューズマイスターのユウヤです(@shoesmeister

情報化社会となった今、トレーニングやエクササイズはググれば山程記事は出てきますし、YouTubeにも様々なトレーナーやインストラクターが動画を配信しています。
一人ひとり工夫を凝らしていて、めちゃくちゃわかりやすいものが多いです。
これだけたくさんの動画があると、選手からは

どれが自分に必要なものなのか?

この動画のトレーニングって競技的にはどこに役に立ちそうか?

などの質問が増えてきます。

本来はトレーナーやインストラクターがその人のフィジカルやニーズに合わせてメニュー組み立ててくれますが、どうしても1人では難しいです。
そこで、スポコネではIGFさんとコラボしてランナー及び陸上競技選手のフィジカルトレーニングメニューを発信していきます。

オンラインフィットネスのメリット

オンラインでのトレーニングにまだ不安のある方も多いとは思いますが、そのメリットは実は大きいのです。

  1. ジムやスタジオに通わなくても身体づくりが可能になる
  2. 運動・栄養それぞれのプロフェッショナルから正しい指導を受ける事ができる
  3. 目的に合わせたプログラム(ピリオダイゼーション)を組んでくれる
  4. ほとんどのフィットネスクラブやパーソナルトレーニングに通うより安いので続けやすい

陸上競技選手・ランナーへのトレーニングプログラム

具体的にこのコラボでどんなことをやっていくかというと

ケガ予防のためのストレッチやコーディネーショントレーニング

パフォーマンス向上のためのコアトレーニング

これらをメニュー形式にして発信していきます。
一つだけのトレーニングを発信するのではなく、目的に合わせた一つのメニューとしてプログラムを組んでいきます。
すべて自宅でもできる内容なので、外でトレーニングができない場合でも、ちょっとした補強としても取り入れやすいです。
もちろん、トレーニングの理論背景については理学療法士、パフォーマンス向上スペシャリスト、陸上競技選手の3つの目線から説明をするので、そのトレーニングをする“なぜなんで?”を理解した上で実施することができます。

皆さんは、プロフェッショナルが組んでくれたトレーニングメニューを動画を観ながら実施することができます。

陸上競技選手・ランナーのためのトレーニング動画

今回は例として
こちらの補強トレーニングを挙げていきます。
・スプリットスクワット ・ブルガリアンスクワット ・フォワードランジ

なぜこの3つがランニングに必要なのかというと・・・
この3つのトレーニングは安定した蹴り出しの獲得のためのトレーニングとして非常に有効です。
スプリットスクワット、ブルガリアンスクワットはしゃがむことに重きをおくのではなく、屈曲位からしっかり伸展することが大事です。
スプリントにおいては接地してからの蹴り出しが推進力に関わるので、臀部とハムストによるプッシュが非常に重要ですね。
これが弱いと十分な推進力が得られない上、代償として腿前の大腿直筋に過剰な負荷がかかり、膝蓋腱炎などになりやすいです。

フォワードランジにおいては体幹が沈みこまずに行えるかどうかがポイントですね。
スプリットスクワットやブルガリアンスクワットで重心位置を変えずに関節運動ができるようになれば、フォワードランジにおいても足底の上にしっかり重心を移動して接地することができるため、脚だけが前にでることはないでしょう。
脚だけが前に出る場合、その先の蹴り出しに活かされないので、あくまで走りの動きに合わせたトレーニングとして、重心位置を常に気にしてトレーニングをしましょう。

IGF 〜Improvement Gym of Fitness 〜

クリックすると新しいウィンドウで開きます

日本橋と茅場町に拠点を持つ完全個室のトレーニングジムです。
パーソナルトレーナーが一人ひとりの状態、ニーズに合わせて的確なトレーニング、栄養指導を提供します。
IGF CLOUDと呼ばれるオンラインでのフィットネスも展開し、WEB上でのセッション及びカウンセリングを行っています。

自宅でも身体づくりはできる!

トレーニング方法はたくさん知っているけど、どう組み合わせていけばわからない・・・

どの動きに反映するのかいまいちわからない・・・

学生の時、そう思っていた自分が“あったら良いな”と思ったものを具現化します!
外でトレーニングができなくても、しっかりプログラムがあれば十分身体づくりはできます。
なにをやっていいかわからない人は是非トレーナーを頼ってください。
理論背景を持って正しいトレーニングをすればパフォーマンスも健康も変わりますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

石田 佑也

理学療法士、トレーナー、インソール/ランニングシューズマイスター 自身の陸上競技経験とランニングシューズオタクの知識、理学療法士としての医学的知識を活かして、出張でのオーダーメイドインソールの作成やランニングシューズの選び方、履き方について指導。年間200足以上のインソール作成やセミナー講師など大きく活動の幅を拡大中。